FC2ブログ

テレビ離れとその先へ

最近よく言われている「テレビ離れ」についてのブログです。テレビ離れの先にあることについても考えていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テレビ離れの原因・理由(1)

バラエティー番組の増加や番組の質(低俗な番組の増加)、放送内容などの要因を詳しく見ていきたいと思います。
(随分と長くなったので、記事分割しました)

民放のテレビに言えることですが、似たようなバラエティー番組が増加していることが挙げられます。

放送局に関わらず、ワンパターンな番組が多いですね。出演者はたいていお笑い芸人やタレント・アイドルなど(「ひな壇」に座らせることが多い)で、(定番の)司会者をつける。最近はこれが基本になっているようだ。ここから先は番組によって多少の差はあるが、基本的には出演者が騒いで盛り上げてスタジオの観客が大笑いするみたいな感じで番組が進んでいきます。

バラエティーと言うのかお笑い路線というのか、これが最近の「お決まり」のようだ。ゴールデンタイムは多くのチャンネルでこの傾向が見受けられる。

とにかく騒いで盛り上がって観客やらが大笑いするだけで、これといった内容はありません。面白いと思っている人には楽しい番組だろうけど、はっきり言って私は面白いと思いません。良く言えば、にぎやかで活気がある番組。悪く言えば、騒がしいだけで内容の無い番組。

こんな感じの番組が少々ある位なら「まぁ見てもいいか」と思うけど、多くの局で毎日のようにこれだと、さすがに見たいと思わなくなってしまう。『過ぎたるは及ばざるが如し』とは、この事だと思う。

(2)に続く

[ 2010/08/02 22:19 ] テレビ離れの原因 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小森 光一

Author:小森 光一
自称メディア共存推進派
こちらの記事を参照)

タグクラウド
アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。