テレビ離れとその先へ

最近よく言われている「テレビ離れ」についてのブログです。テレビ離れの先にあることについても考えていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テレビ離れの対策・解決策

テレビ離れについて、再度考えていきたいと思います。
これまで様々なことを書いてきたが、単純にテレビがつまらないから・面白くないからというのが最大の理由ではないだろうか。

まず第一に思うことは、ゴールデンタイムのテレビがつまらない・・・。
各テレビ局の代表的な番組・看板番組が放送され、視聴率も高いとされるのがゴールデンタイム。
しかし、最近の状況はゴールデンと呼べるのだろうか・・・。


どれも民放テレビの傾向だが、
●バラエティー番組やお笑い番組など似たような番組が多く、飽きてうんざりしている。
●ドラマは、その時売り出したい芸能人を起用する傾向が強い。言い換えれば、売り出したい芸能人のために有るかのような民放ドラマ。
●ニュースはワイドショー化、バラエティー化、偏向報道されることも・・・


昔は毎週欠かさず見ていた番組があったが、最近はそういった番組が無い。(「来週もまた見たい」と思える番組が無い・・・)
「まぁ別に見なくてもいい」と思うことが多い。

テレビ以外の娯楽が増えたことも要因の一つだろうが、最大の原因はコンテンツの問題だと思う(特に、ゴールデンタイム)。
お笑い路線の番組は程々だからこそ良い。今みたいに増え過ぎるとうんざりしやすい。

そういった事も踏まえた上でのテレビ離れの対策・解決策・・・
まず考えられるのは、
・「視聴者が面白いと思える番組」、「視聴者を引きつける番組」が増えること
・「マスメディアとしての公正・中立な報道」

この2つが重要だろう。いたって単純なこと。(単純なようで、難しいのかもしれないが・・・)

コンテンツあってのテレビ。コンテンツをどうにかしなければテレビ離れは止まらない気がします・・・。

【関連記事】
テレビのこれからとビデオ・オン・デマンド
それでも、テレビ離れしない理由
最近のCM・広告(CMの質)について


[ 2010/10/28 22:18 ] テレビに関する雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小森 光一

Author:小森 光一
自称メディア共存推進派
こちらの記事を参照)

タグクラウド
アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。