テレビ離れとその先へ

最近よく言われている「テレビ離れ」についてのブログです。テレビ離れの先にあることについても考えていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地デジとテレビ離れ

2011年7月の地上デジタル移行

地上デジタル移行は賛否両論

画質の向上がメリットとされるが、そんなの必要ないって人もいれば、高画質が良いという人もいる。テレビの利用目的によって、賛否が分かれるようだ。
人それぞれ利用目的が違うのだから、賛否両論なのは当たり前。にもかかわらず、強制的に地デジへの移行を余儀なくされるのはどうかと思う・・・。
(当然、『地デジ不要』と言っても既に遅い)


それはともかくとして、今の地上波のコンテンツを高画質で見たいと思えるのだろうか?
確かに、高画質のメリットがある番組も少なくない。だが、地上波のバラエティー番組やお笑い番組を高画質で見たいとは思えないです・・・。画質も重要かもしれないが、まずコンテンツをどうにかしないと・・・。


と言うものの、テレビを買い替えてもらわないと家電メーカーが困るってのは分かる。
内閣府の消費動向調査によると、2人以上の世帯でのカラーテレビ普及率は約99%
http://www.garbagenews.net/archives/861956.html
このサイトのグラフ見るとわかるが、1970年台後半にテレビが普及しきってしまったので、それ以降は買い替え需要が売り上げのメインとなる。家電メーカーがテレビを買い替えてもらいたいと考えるのは、分からなくは無い。
そういう所からも地デジ移行は、半ば強制的にテレビを買い換えさせるための『きっかけ作り』な気がしてならない。

今後、地デジ移行でテレビ離れが加速するのかどうかが注目される。

【関連記事】
VHSビデオ、DVD、ブルーレイなどの規格争いや「次世代」について
テレビ離れの原因・理由(1)
それでも、テレビ離れしない理由

[ 2010/09/30 20:14 ] テレビに関する雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:小森 光一
自称メディア共存推進派
こちらの記事を参照)

タグクラウド
アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。