テレビ離れとその先へ

最近よく言われている「テレビ離れ」についてのブログです。テレビ離れの先にあることについても考えていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

情報番組で耳にする「話題沸騰!」について

朝や夕方のニュース系情報番組の1コーナー、ワイドショーの1コナー、情報バラエティー番組などで耳にするフレーズについて。例としては、
今、話題沸騰!
静かなブーム
巷で話題の!
絶品グルメを大紹介!
隠れた人気店!
大流行中の!
驚きの便利グッズを大紹介!
(たいていは、製品の紹介・宣伝)

こんな感じの煽り文句を情報系の番組で頻繁に耳にする。
グルメ情報や単なる製品の紹介から、○○ブームまで幅広い。そのほとんどが宣伝みたいなもの。
民放の情報番組ってフリーペーパーみたいですね


エンタメ情報などの芸能情報と、その局で放送されるドラマの一部を紹介したり、新作映画の紹介をしたり、グルメ情報・スイーツ情報、企業の新製品の紹介、
「巷で話題の!」とか「知る人ぞ知る!」などと紹介される、なんとも知れないブームや流行・・・
などなど。とにかく宣伝が多い。

そもそも、情報コーナーは時間稼ぎだし、コーナーの穴埋めだし、宣伝だし・・・

報道番組と情報宣伝番組が混合した番組が多くあるのも手伝って、毎日のように「ブーム」や「大人気」といった紹介がされている。


だが、依然として食べ物は影響力が強い。
健康に良いだとか、ダイエット効果があると紹介された野菜や果物などは品薄になることが多い。
ラーメン店の紹介なども人気があるようだ。


結局のところ、広告で成り立っている民放テレビである以上、「情報番組のフリーペーパー化」は避けれないだろう

とにかく、テレビの言うブーム・流行はうんざりです。
一過性のブームや、強引な『流行』など、もうその手の情報は信用できない気がする。メディア・リテラシーを持った視聴者が、テレビ離れしていくのも無理はないと思う。
(もっとも、民放テレビは消費意欲・購買意欲増加のためにあるものと言っても過言ではないが・・・)

『ブーム』という言葉は聞き飽きました

[ 2010/09/13 23:51 ] テレビに関する雑記 | TB(0) | CM(2)
こんにちは。
リンクありがとうございます。m(_ _)m

テレビの○○ブームとか、若者の○○離れとか、あれはマスコミが勝手に流れを作りたいでけですよね。

テレビ離れブームでも放送すれば良いのに‥。

私の方もリンクさせて頂きました。宜しくお願いします。
[ 2010/09/20 18:18 ] [ 編集 ]
>tokiyさん
そうですね、
マスコミが好き勝手に言ってるだけで、○○ブームってあてにならないですよね。

リンクありがとうございました。こちらこそよろしくお願い致します。
[ 2010/09/21 00:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:小森 光一
自称メディア共存推進派
こちらの記事を参照)

タグクラウド
アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。