テレビ離れとその先へ

最近よく言われている「テレビ離れ」についてのブログです。テレビ離れの先にあることについても考えていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CMなどによるテレビ離れ

・番組構成のせいでCMが非難の対象に
・山場CMの例
・最近のCM・広告について(CMの質)

これらの記事のまとめ

バラエティー番組などで・・・
「このあと○○が!!」など煽る
 ↓
CMに入る(音量が大きくなる)
 ↓
CMはパチンコなどのギャンブル関係や消費者金融などが含まれる
 ↓
CM明けは巻き戻って再度、同じことの繰り返し

こんな状況だとテレビ離れが起きても仕方ないと思う。山場CMなどで視聴者の感情を逆なでするかのような番組の構成と時間稼ぎ。(視聴者が不快に思って、CMの商品に好感を持たなくなることも。)

ただでさえ内容の薄いバラエティー番組で、これをやってるのでどうしようもない・・・。時間の無駄ですよね。忙しい現代人にこの構成は向いてないと思う。


「だったら、録画して視聴すれば良いのでは?」との意見がある。
確かに良い方法だと思う。早送りやCM飛ばしなどで、必要ない部分を飛ばして見ることができる。1時間のバラエティー番組でも半分程度で見終わり、時間も節約できるだろう。忙しい現代人にうってつけ。
しかし、そこまでして見たいと思える番組なのか?
結局、ここに戻ってしまうのだ。山場CMもアレだが、やはりコンテンツが重要なのは明白だ。

要するに、番組構成もテレビ離れの一因だろうが、もっと大きな原因は番組内容自体だということです。


【関連記事】
情報番組で耳にする「話題沸騰!」について
http://tvbanare.blog135.fc2.com/blog-entry-28.html

[ 2010/08/24 23:28 ] テレビ離れの原因 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小森 光一

Author:小森 光一
自称メディア共存推進派
こちらの記事を参照)

タグクラウド
アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。