テレビ離れとその先へ

最近よく言われている「テレビ離れ」についてのブログです。テレビ離れの先にあることについても考えていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近のCM・広告(CMの質)について

次に挙げるテレビCMを見て、どう思うのだろうか?
・パチンコなどのギャンブル関係
・消費者金融などの貸金業
・弁護士事務所・法律事務所・過払い金返還など
・宗教団体や宗教法人など
・保険関係
・青汁・ヒアルロン酸・にんにくなどの健康食品関係
・通販やテレビショッピング関連


うーん・・・。何て言うか・・・。
はっきりと言葉で言い表せないが、ため息がでます。(そもそもCMで音量が上がるのもアレだが・・・)
少なくとも上4つのCMが流れてると複雑な気持ちになります。
もしかすると、上4つは消費意欲が高まるどころか財布の紐を締めてしまうのではないだろうか?
こんなスポンサーがついてる情報系番組の報道を信用して良いのだろうか?

こんな感じのCMだと、どんな報道しても信用できない。偏向報道以前の問題だろう。
どんなに良い報道をしたとしても、CMがそんな感じだと信憑性[しんぴょうせい]が薄くなるのではないだろうか?(報道番組でさえスポンサーに配慮した報道を行なっていたりもする。)

他にも気になることがある。
上に挙げたようなCMに挟まれた他企業のCMは良い印象になるのだろうか?
間に挟まれたこれらのスポンサーはどう思っているのだろうか?
さらに、山場CMも加わると一段とCMの効果は薄くなるだろう。(前述

確かに、テレビCMにより得られる「認知力」は大きいでしょう。しかし、多額の費用を使ってまでテレビCMしても、得られるブランド力はこの程度なのかもしれません。



ちなみに、新聞広告を見たときにも同じようなことを思った。新聞広告も似たような状況で、ため息が出てしまった。記事や社説で、もっともな事を書いていても新聞広告に目がいくと信憑性に欠ける気がする。

これ、同じようなことがインターネット広告にも言える。
ブログなど運営していてアフィリエイトなどの広告を貼っている方も多いだろう。
「なんでもかんでも貼ればいい」ってのは違うのだと、頭の隅にでも入れておくべきでしょう。


話は戻りますが、CMの質・広告の質が低下しているようですね。(不景気の影響も多少はあるのかもしれないが・・・)

[ 2010/08/23 21:53 ] テレビCMに関して | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小森 光一

Author:小森 光一
自称メディア共存推進派
こちらの記事を参照)

タグクラウド
アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。