テレビ離れとその先へ

最近よく言われている「テレビ離れ」についてのブログです。テレビ離れの先にあることについても考えていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

番組構成のせいでCMが非難の対象に

最近、CMに対する批判が強まってきているようだが、CM自体が批判されているのではない。(CM自体が批判されている例も多少は存在するが)
一番の原因は番組構成だと指摘されています。次の調査結果を見ていただきたい。

「正解はCMのあと」は逆効果 視聴者86%「不愉快」
http://www.asahi.com/culture/tv_radio/TKY200711060131.html
「正解はCMの後」に9割近くが「不快感覚える」
http://news.ameba.jp/weblog/2007/11/8363.html

俗に言う「山場CM」が批判を招いていている。(山場CMの例
CM前に煽って山場を作る手法のことです。特にバラエティー番組に多いが、報道番組などでも行なわれている。


(意図的に)山場を作ってCMに入る。
(CMは音量が大きくなる)
CM明けで、繰り返し同じことをする。
時間稼ぎばかりして番組はたいして進んでない。
当然ながら、CMの印象はとても悪くなる(スポンサーはどう思ってるのかが気になるところだ)。昔から山場CMは存在したが、最近のは度が過ぎている。視聴者がCMの商品を買いたくないと思うのは当然です。何より、不愉快に思うためチャンネルを変えたりテレビを消す人も多いのではないだろうか?

娯楽がテレビぐらいしかなかった時代なら、山場CMされようとテレビを見るだろう。しかし、これ程多様化の進んでいる時代に山場CMをやっているようでは、視聴者が離れていくのも無理はない。
また、山場CMの影響で、最近のCMを快く思わない視聴者が多いのもうなずける。

今の民放テレビ番組の現状を見ている限り、山場CMを多用する「時間稼ぎ」が今後減るとは思えない。
(この番組構成をどうにかしない限り、CMが逆効果になることは防げないだろう。)

スポンサーの方々は、多額の費用が掛かり逆効果とまでも言われるテレビCMだけでなく、インターネット広告も視野に入れてみてはいかがでしょうか?


「山場CM」=「時間稼ぎ」
民放テレビだから仕方ないと言えばそれまでですが・・・

[ 2010/08/20 20:26 ] テレビCMに関して | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小森 光一

Author:小森 光一
自称メディア共存推進派
こちらの記事を参照)

タグクラウド
アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。