テレビ離れとその先へ

最近よく言われている「テレビ離れ」についてのブログです。テレビ離れの先にあることについても考えていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コメンテーターと報道

ニュース番組、情報番組、ワイドショーなどに登場するコメンテーターについて。
賛否両論あるだろうが、
そもそもニュースや報道は事実だけを淡々と放送すべきではないのか?

マスメディアは世論に大きな影響力を持っている。(参考)
コメンテーターがいることにより、報道が多角的になることがある。逆に、偏ってしまうこともある。

コメンテーターの役割はニュースの「解説」や「注釈」だろうが、最近のは何かが違う気がする。ニュースの解釈を押し付けている場合が多いのではないだろうか?
暗に、世論誘導を行なっている気がしてならない。

民放テレビの報道系番組では、『ニュース』と『コメンテーターによるコメント』がセットになっている場合が多い。コメンテーターの言うことが世論の代弁であるかのような報道を行なっている。

多角的な報道になる場合も多いだろうが、かえって偏向報道の原因だとか、偏向を加速させる要因だとか、世論誘導になるのではないかといったことが懸念される。


・情報の受け手としてできること
程度の差はあれ、どんな情報にも偏りがあるということ。(当然、インターネットの情報も)
情報を過信しないこと。
「コメンテーターがこう言ったからこうなんだ」ではなく、自分で考えて意見を持つこと。
要するに、メディア・リテラシーが必要だということでしょう。
スポンサーサイト
[ 2010/08/31 23:03 ] テレビに関する雑記 | TB(0) | CM(0)

テレビ報道における偏向報道

定義や解釈があいまいだが偏向報道とは
考え方が偏った報道のこと、
マスメディアによって何らかの(特に、恣意的な)情報操作が行なわれている報道のことを言う。(もう少し広義に解釈する場合もある)

これらについて具体的な例を挙げていくと切りが無く、このブログの趣旨から外れるので詳細は割愛する。(これらについて、もっと詳しく知りたい方は「偏向報道」「偏向」などで検索していただきたい。)

概要だけ大まかに触れておきます。
本来、マスメディアは公正・中立な報道をするべきなのは言うまでも無い。それが行なわれていないため、偏向報道と言われている。

若い世代のテレビ離れなどはあるにせよ、テレビや新聞といったマスメディアは世論に大きな影響力を持っている。[参考]
その影響力を利用し、世論を特定の方向に誘導することができたり、意図的に流行(ブーム)を作り出すことも可能だ。
(聞こえは悪いが「世論を手玉に取る」ということ。世論操作。)
また、民放のテレビ局はスポンサーからの広告収入に大きく依存している。そのため、スポンサーに不利な報道を控えるなどの傾向が見受けられる。
他にも政治的な偏りや、事件や裁判に対する偏向報道などさまざまなものが存在する。
特定の事象を報道しないのも偏向報道と言えるだろう。

偏向とまでは言わないにしても、新聞社による論調の違いなども存在する。

インターネットも含め、どんなメディアにも多少の偏向報道はあるのだろう。(インターネット上で「偏向報道」について解説しているサイトすらも偏向だとする考えがある。)

メディアから得られる情報が全てが正しいとは限らない。
テレビやインターネットに限らず、どんなメディアにも言い部分も悪い部分もあると認識しておくのが重要なのではないでしょうか?
[ 2010/08/30 22:46 ] テレビに関する雑記 | TB(0) | CM(0)

新聞社による論調の違い

大手全国紙それぞれ、紙面の論調が異なる。その違いをとやかく言うのが目的ではないので、具体的な解説は避けておく。詳しく知りたい方は「新聞 論調」で検索すると様々な情報が得られます。

で、気になったことがいくつもあります。

これを認識している人は、どれ位いるのだろうか?
知ってる人は知ってるだろうけど、知らない人は考えたことも無いのかもしれない。インターネットユーザーなら具体的なことまで知らないにしても、聞いたことくらいはあるって人が多いのかもしれない。ある意味「知らぬが仏」なのかもしれないが・・・。

新聞を読むのが生活習慣の一部になっている人は、これを認識した上で読んでいるのだろうか?気になるところだ。同じ新聞を契約し続けているだとか、いつも駅の売店で買う新聞は決まっているだとかで、かなり長い間同じ新聞社の新聞読んでいるのではないでしょうか?これも気になるところだ。

何が言いたいのかというと、どんなマスメディアでも「作られた」ものなんだと認識して受け取る必要があるということです。当たり前のことだがメディアの意図に沿って編集・加工されて「作られた」情報ですから。(捏造とか、でっちあげという意味ではありません)
これをちょっとでも気に留めながらメディアに触れるだけで、十分違うと思います。ここでもキーワードとなるのは、「メディア・リテラシー」でしょう。

もっとも、最近の若い世代では中学校の国語の教科書に、こういったことが載っていたり、「情報」の教科で教えられたりしているそうですが。情報化がおきる前の世代では、こうした認識が薄い傾向にあります。


話は戻りますが、これまで一社だけの新聞を読んできたって方もいるだろうけど、その場合、知らず知らずのうちに情報が偏ってしまう可能性があるのが怖いところだ。新聞を読むのはとても良いことなのだが、これは盲点だったりする・・・。

これ、テレビについても同じことが言えるのでは?
生活習慣の一部としてテレビを見ていると、朝のニュースや夕方のニュースって、見るチャンネルはいつも決まってるのではありませんか?(ニュースというより情報番組の場合が多いが)
これも習慣になっている為か、意外と気づきにくい。そして、知らず知らずのうちに情報が偏ってしまう可能性があるということだ。

結論としては、メディアって怖いですね。生活習慣も怖いですね。

新聞は読み比べするのが良いのだが、時間的制約や金銭面を考えると難しい。だが、新聞記事はインターネットでも閲覧することができるので、これを活用すると良いですね。
新聞社などのWEBサイトリンク

テレビについては、たまには見るチャンネルを変える。これに尽きる。しかし、地方だと民放の放送局が少ないという放送格差が起きているので問題は深刻。(ちなみに私は九州在住なので放送格差・情報格差がある)

そして何よりチャンネルを変えたところで、そのチャンネルも偏向報道をしているようだとそれまでだが・・・
テレビを消すのも選択肢なのかもしれないが・・・。

【関連記事】
テレビ離れの原因

【情報収集用】新聞社,ニュースサイト,各種情報サイトのリンク

情報収集に便利なサイトをまとめておきました。インターネットだけでもかなり多くの情報を得ることができます。さまざまな情報源から偏りのないように情報を収集することや、情報を見極める力、メディア・リテラシー力が求められます。

(敬称略)
NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/

朝日(asahi.com)
http://www.asahi.com/

YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/

毎日jp
http://mainichi.jp/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/

MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/

47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/

時事通信
http://www.jiji.com/

共同通信社
http://www.kyodo.co.jp/

Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/

Google ニュース
http://news.google.co.jp/



J-CAST ニュース
http://www.j-cast.com/

GIGAZINE(ギガジン)
http://gigazine.net/


・IT関係の情報系サイト
ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/

japan.internet.com 最新インターネットニュース
http://japan.internet.com/

CNET Japan
http://japan.cnet.com/

ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/

マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/
[ 2010/08/27 21:57 ] 情報収集用リンク | TB(0) | CM(0)

相互リンクについて

リンク歓迎です。相互リンク募集中です。
相互リンク希望の方は、コメント欄にコメントするかメールしてください。
メールアドレス



【当ブログの情報】
テレビ離れとその先へ
http://tvbanare.blog135.fc2.com/

テキストリンクのみで構いません。
バーナーも作ってありますので必要な方はどうぞ。

【200x40】直リンク可(お持ち帰りでも可)
バーナー
バーナーのアドレス:http://blog-imgs-47.fc2.com/t/v/b/tvbanare/banner.jpg

【88x31】直リンク可(お持ち帰りでも可)
バーナー
バーナーのアドレス:http://blog-imgs-47.fc2.com/t/v/b/tvbanare/banner.gif


以下、ブログ一番上のヘッダー用に制作していたけどボツになった物、
調子に乗って加工した物、
なんとなく、当ブログのイメージに合致しなかったもの、
明らかにネタなのが混じってるのは仕様です。
プロフィール

小森 光一

Author:小森 光一
自称メディア共存推進派
こちらの記事を参照)

タグクラウド
アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。