テレビ離れとその先へ

最近よく言われている「テレビ離れ」についてのブログです。テレビ離れの先にあることについても考えていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テレビ離れの原因

(1)番組の質、放送内容などの要因
似たようなバラエティー番組の増加や偏向報道などが挙げられるが、他にも多くの要因があるので別記します。

(2)インターネットの普及
情報を受動的に受け取ることから、能動的に探すことへの変化。情報を得ること・情報を発信することが容易になったと言える。相対的に、テレビの「位置付け」が下がったとされる。

(3)携帯電話の普及
インターネットの普及と似ているが、より身近に情報に接することができるようになった。多機能な携帯電話の普及もあり、若い世代は特にケータイを利用することが多い。相対的に、テレビの「位置付け」が下がったとされる。【関連記事

(4)多様化の時代
娯楽の多様化。価値観の多様化。これに拍車をかけたのが、インターネットや携帯電話の普及だろう。テレビのチャンネル数は限られている。これほど多様化した時代では、万人を満足させるテレビ番組を放送することは難しい。BSやCSには多くのチャンネル数があるため多様化が可能だが、地上波の放送だけでは対応しきれない。このため、『テレビ離れ』は『民放地上波離れ』と言われることがある(一概には言えないので注意)。

他に挙げられるものとしては、
・ゲーム機の普及(家庭用ゲーム機から携帯電話のアプリまで)
・忙しい現代人(テレビ視聴に時間を割けない)
・(単純に)つまらないから、面白くないから、
など


最近思うんですけど、「見たい番組がほとんどない」と私は思います。これが最大の原因かもしれません・・・。
スポンサーサイト
[ 2010/07/31 19:23 ] テレビ離れの原因 | TB(0) | CM(0)

最近のテレビについて

最近のテレビをどう思いますか?
この際だからはっきり言おう。最近のテレビ(特に、民放地上波)って、つまらないですね。見たいと思う番組は数少ない…。

しかし、テレビには良い部分も残っている。

あらかじめ言っておくが、メディアの優劣を競うのが目的でこのブログを書いているのではない。私はテレビもネットも共存派だ。(後述

ただ、「テレビ離れ」という言葉自体は否定できないと思う。
一般的に言う「テレビ離れ」は「民放地上波離れ」と解釈できます(一概には言えないので注意)。

そもそも、テレビ離れの原因は?(次の記事へ

NHKはまだまだ見てもいいと思うが、民放地上波は面白くないですよね。かと言って、BSやCS・ケーブルテレビを引いてまで見ようとも思わないんですよ(ちょっと前までは加入してたけど、解約しました)。
[ 2010/07/30 20:30 ] テレビに関する雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:小森 光一
自称メディア共存推進派
こちらの記事を参照)

タグクラウド
アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。