テレビ離れとその先へ

最近よく言われている「テレビ離れ」についてのブログです。テレビ離れの先にあることについても考えていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

携帯電話とテレビ離れ

携帯電話とテレビの関係について考えていきます。(特に若い世代について考えていきます)

言うまでもないが、急速に普及した携帯電話。『携帯』と言うだけあって、とても身近なもので、若い世代ほどケータイへの依存度が高いとされる。ヒマがあれば、とりあえずケータイを使っている方もいるのではないだろうか?

[携帯電話の普及とテレビの関係]
・テレビ以外の娯楽が増えた
・テレビよりも魅力的で面白いものが増えた
・テレビよりも身近で密接なものが増えた
・自分から情報を得ることも、発信することもできるようになった
・多様化が進んだ

結果的に、携帯電話を使う時間が増え相対的にテレビ視聴時間が減ったとされる。ただし、世代や個人によってこの辺りの感覚は随分違う。携帯電話に対する考え方や、携帯電話の『位置付け』が大きく異なるからだ。携帯電話を使うがテレビ視聴時間が依然として多く、テレビへの依存度が高いという場合もある。
そういうことも含めて、『多様化』ではないだろうか?

[ワンセグ機能について]
ここで、忘れてはならないのが携帯電話のワンセグ機能。
これってテレビ離れに逆行するのでは?と思うが、次の調査リポートによると一概には言えないようだ。

ケータイでワンセグ視聴、「表示スピード」と「チャンネル切替」に不満
http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1002/16/news012.html

ちなみに私が思ったのは、ワンセグ使ってると電池の減りがやたら早い。外出先などで充電が無くなると致命的なのはご存知だろう。(いつも充電器持ち歩いてるなら話は別だが・・・)
・・・ワンセグ機能はまだまだ改善の余地ありといった所だろうか。

ワンセグ機能はテレビ業界に与えられた数少ないチャンス。若い世代へのアプローチのきっかけになり得る。これを活かさない手はない。テレビ業界は、もう少しワンセグに力を入れても良いのではないだろうか?
これを逃すと、若い世代へのアプローチは一層難しくなるだろう。
(もっとも、ワンセグを使ってでも見たいと思える番組を作らなければならないが・・・)

ついでに言うと、「テレビ」の視聴方法の多様化も進んだと考えるべきだろう。
『テレビ』の前に座り、家族そろって同じ番組を見るといった視聴スタイルは、今となっては過去のものなのかもしれない。

携帯電話の普及が多くのものに何らかかの変化をもたらした。テレビもその例外ではないようだ。

【関連記事】
CMなどによるテレビ離れ
テレビ離れの原因・理由(1)
スポンサーサイト
[ 2010/10/05 20:54 ] テレビ離れの原因 | TB(0) | CM(0)

CMなどによるテレビ離れ

・番組構成のせいでCMが非難の対象に
・山場CMの例
・最近のCM・広告について(CMの質)

これらの記事のまとめ

バラエティー番組などで・・・
「このあと○○が!!」など煽る
 ↓
CMに入る(音量が大きくなる)
 ↓
CMはパチンコなどのギャンブル関係や消費者金融などが含まれる
 ↓
CM明けは巻き戻って再度、同じことの繰り返し

こんな状況だとテレビ離れが起きても仕方ないと思う。山場CMなどで視聴者の感情を逆なでするかのような番組の構成と時間稼ぎ。(視聴者が不快に思って、CMの商品に好感を持たなくなることも。)

ただでさえ内容の薄いバラエティー番組で、これをやってるのでどうしようもない・・・。時間の無駄ですよね。忙しい現代人にこの構成は向いてないと思う。


「だったら、録画して視聴すれば良いのでは?」との意見がある。
確かに良い方法だと思う。早送りやCM飛ばしなどで、必要ない部分を飛ばして見ることができる。1時間のバラエティー番組でも半分程度で見終わり、時間も節約できるだろう。忙しい現代人にうってつけ。
しかし、そこまでして見たいと思える番組なのか?
結局、ここに戻ってしまうのだ。山場CMもアレだが、やはりコンテンツが重要なのは明白だ。

要するに、番組構成もテレビ離れの一因だろうが、もっと大きな原因は番組内容自体だということです。


【関連記事】
情報番組で耳にする「話題沸騰!」について
http://tvbanare.blog135.fc2.com/blog-entry-28.html
[ 2010/08/24 23:28 ] テレビ離れの原因 | TB(0) | CM(0)

ワイプと呼ばれる小画面や効果音

まず、バラエティー番組などで画面の端のほうに出る小画面について。(ワイプと呼ぶらしい)
VTR再生中などに、スタジオの様子やタレント・お笑い芸人など出演者の顔を映すために使われている。視聴者に「笑うポイント」を明示する目的や、VTRを見て「今はこういう反応をする時ですよ」と暗に示す目的がある。
たいていは、うんうん頷いているか大笑いしているかのどちらかですけどね。
笑って騒いで番組を盛り上げるため、この小画面も含めて番組のバラエティー演出になっている気がする。小画面を有効活用している場合もあるが、たいていは過剰演出になっている気がする。

次に、効果音について
笑い声の効果音や「おぉー!」「あぁー」「えー!?」など感嘆の声の効果音について。
スタジオの観客の声の場合もあるが、さらに編集で笑い声などを付け加えたような番組が多い。バラエティー番組や一部の通販番組でこの傾向がある。番組の性質上、仕方ない事だとわかっていても、耳について仕方がない(悪い意味で)。

効果音ではないけどバラエティー番組などで、出演者や観客の大げさなリアクションが多い気がする。「わざとらしいなぁ」と思うことが多々ある。これも番組の性質上、仕方ない事だとわかっているが気になる。


とにかく過剰な演出をする番組が多いですね。見ているだけでうんざりします。
(静かでしらけている番組よりは多少うるさいくらいの番組のほうが良いって人もいるのかもしれないが・・・。)

小画面や効果音が問題と言うよりは、似たようなバラエティー番組が増えたことが問題なのかもしれないが・・・。
[ 2010/08/07 20:38 ] テレビ離れの原因 | TB(0) | CM(0)

テレビ離れの原因・理由(3)

・グルメ情報番組
リポーターが「おいしい」「うまい!!」「甘い!」などと言ってグルメを紹介する番組。結局のところ、番組自体が宣伝。フリーペーパーなんかと同類です。紹介内容はラーメンやスイーツなど幅広いが、どれも宣伝番組にしか見えません。見ても時間の無駄だと思う。
そもそも、こういうグルメ番組って何が面白いのか理解できない。
ほかの人がメシ食ってるの見ていて、何になるというのだろうか?(当然だが、見ているだけで食べれません)
見ている側が、おなかが空いてきて消費意欲・購買意欲が高まる。まとめると、番組自体が宣伝みたいなもので、尚且つCMの効果を高めることができる。つまり放送局と広告代理店の思う壺。極端な言い方をすれば、見ているだけで洗脳される番組ともとれます。
ちょっと考え過ぎの部分もあるかもしれませんが、わざわざグルメ番組見てまでお腹をすかそうとは思わない。
つまらなくて退屈な番組なので、チャンネルを変えるかテレビを消すことが多いです。


・通販番組
CMとしてではなく30分の枠を使った商品の通販番組について
これは書かなくても分かりますよね?
一応書きますけど、まさにCMそのもの。「放送時間の穴埋め番組です」と言えばそれまでだが・・・。何にせよ、わざわざ見ません。やってたらチャンネル変えるかテレビ消すかのどちらか。
地方のテレビでは通販番組がそこそこ多い。余程、放送時間が余っているのだろうか・・・


【関連記事】
テレビ離れの原因・理由(1)
テレビが作る「ブーム」は信用できない !?
携帯電話とテレビ離れ
最近のCM・広告(CMの質)について
[ 2010/08/05 21:52 ] テレビ離れの原因 | TB(0) | CM(0)

テレビ離れの原因・理由(2)

・クイズ番組やトーク番組
まずは最近多いクイズ番組について。
最近のクイズ番組は昔と全然違う。おバカ番組みたいな傾向が強い。(わざとに)バカを装う出演者の方々を見てると、そう思います。
(小中学校の教科書に載っている程度の問題を)わざと間違えて笑を取るって言えばいいのだろうか・・・。出演者も、そういった芸人さんやタレントさんが多数出ている。
最初のうちは面白いかもしれませんが、すぐに飽きます。
もう一つアレなのが、CMをはさんだりスタジオでのトークやらでクイズの正解を言うまでの時間が長いですね。これが一番疲れます(見ているだけなのに)。
【参考】番組構成のせいでCMが非難の対象に
クイズ番組というより、バラエティー番組に近いですよね。わざわざ見たいと思いません。そして何より、クイズ番組増え過ぎ。


トーク番組について。
たいてい出演しているのはお笑い芸人・タレントさんやらで、ひな壇に座っています。芸能界の内輪ネタみたいな話が多いです。正直、どうでもいいです。見ていて退屈します。まぁ、定番番組かもしれませんがねぇ。なんか内輪で盛り上がって騒いでいるだけの番組にしか見えない。面白い人には面白いだろうけど、わざわざ見たいと思わない。


ついでに言うと、似たような番組が多い。本質的に、お笑い番組・バラエティー番組・トーク番組はどれも似たり寄ったりでつまらない。すぐに飽きます。
この3つの番組の共通点
・とにかく笑って騒いで盛り上がる
・わざとらしい、大げさなリアクション
・とにかく大笑い
・スタジオの観客も大笑い
・内容に乏しい
・CMまたぎ(山場CM
・民放の番組に多い
・ゴールデンタイムに多い
などでしょう。

(3)に続く
[ 2010/08/03 20:14 ] テレビ離れの原因 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:小森 光一
自称メディア共存推進派
こちらの記事を参照)

タグクラウド
アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。