テレビ離れとその先へ

最近よく言われている「テレビ離れ」についてのブログです。テレビ離れの先にあることについても考えていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テレビのこれからとビデオ・オン・デマンド

前回 YouTubeとテレビの関係から今後を考える からの続きです。

若年層のテレビ視聴時間が減少傾向に--BPOまとめ
http://www.asahi.com/digital/cnet/CNT200910160031.html
上記をご覧になった上でお読みください。

好きな時に好きな番組を見るという視聴スタイルに「ビデオ・オン・デマンド」やネット配信などがある。今後のテレビの役割を考えていく上で、ビデオ・オン・デマンドサービスやネット配信は重要なキーワードだろう。
テレビ離れの原因でも書きましたが、これほど多様化した時代では地上波のテレビ番組だけで万人を満足させることは難しい。だから、専門チャンネル・コンテンツを提供するビデオ・オン・デマンドサービスは視聴者にとって、とても魅力的だろう。

好きな時に好きなものを選んで視聴するという魅力あふれるサービス・・・とはいうものの、あまり普及してないのが現状だ。
一方で、動画サイトYouTubeは急速に普及していった。
YouTubeがこれ程支持される理由は、やはり無料だからではないだろうか。
YouTubeなど、動画サイトは無料。(ニコニコ動画は無料会員と有料会員の両方がある)
対して、ほとんどのビデオ・オン・デマンドサービスは有料(番組の宣伝動画などは無料)。
この有料と無料の違いこそが、広く普及するかどうかの分かれ目となったのではないだろうか。

そもそも、地上波のテレビが無料(NHKを除く)で見れることを考えると、番組などの映像コンテンツに料金を支払ってまで視聴することは、そう簡単に普及しないだろう。(専門チャンネルならば、普及しやすいのだろうが・・・)

・コンテンツ課金の難しさ
余程、魅力のあるコンテンツを提供しなければ、コンテンツ課金は難しいだろう。言うまでも無く、無料と有料の違いはとても大きいのだ。
「お金を払ってでも視聴しいたいと思えるコンテンツ」を提供できるかが重要となるだろう。

・広い意味での『映像コンテンツビジネス』について
有料のため急速な普及は難しいようだが、ビデオ・オン・デマンドやネット配信は徐々に浸透しつつある。この流れが大きくなるにつれて、地上波のテレビ放送は大きな転換を迫られることになるのかもしれない。これに「テレビ離れ」の流れも加われば尚更だ。従来の広告モデル・収益モデルから大きく転換することも有り得る。(転換しない可能性も有り得るが・・・)

広い意味での『映像コンテンツビジネス』は、一つの転換点を迎えているのかもしれない。
  • 従来の「テレビ」の動向

  • テレビ局の行なうビデオ・オン・デマンドの動向

  • 動画サイトの動向やネット配信の動向

  • BSやCS、CATV(ケーブルテレビ)の動向

  • インターネットプロバイダの光TVなどの動向

  • レンタルビデオ事業者の宅配レンタル、オンラインレンタルや映像配信の動向
など
現在、様々な事業者が『映像コンテンツビジネス』を模索している。



視聴者としては、ビデオ・オン・デマンドによって便利・快適になるのは率直に歓迎です。見たいときに、見たい番組を選んで視聴するのは理想的ですから。
しかし、課金を迫られるとなるとちょっと・・・と言うのが正直なところです・・・
ビデオ・オン・デマンドが広く浸透するまでに何年かかるのかは分かりませんが・・・

【参考リンク】
NBPC コラム:若者がネットで視聴する動画は「映画よりもテレビ番組」 ネット動画ビジネス市場調査 2009から
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/market-news/contents/column/column35-2.html
NBPC コラム:「ネット動画ビジネス市場調査 2010」から 有料化有望度のトップはYouTube 2位以下の動画サイト/サービスは年齢でばらつき
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/market-news/contents/column/column46-2.html
スポンサーサイト
[ 2010/12/29 21:44 ] テレビに関する雑記 | TB(0) | CM(0)

YouTubeとテレビの関係から今後を考える

「テレビ離れ」ではなく「視聴スタイルの変化」
~それと同時に起きつつある、CM離れ~

まず、次の記事をご覧いただきたい。

若年層のテレビ視聴時間が減少傾向に--BPOまとめ
http://www.asahi.com/digital/cnet/CNT200910160031.html
この記事の後半部分に『動画投稿サイト利用者の4割弱が見逃した番組を視聴するために使っている』とあります。
「4割弱」という数字を聞いて、多いと感じる方もいれば少ないと感じる方もいるだろうが、動画サイトでそれなりにテレビ番組が視聴されているというのは間違いないだろう。アップロードされているテレビ番組動画の再生回数カウンターを実際に見ているとよく分かる。(著作権に関する問題は後述)
テレビ離れとは言うものの、まだまだテレビコンテンツは人気があるのです。

では、なぜ『テレビ』で見るのではなくYouTubeなどの動画サイトで視聴するのだろうか?
挙げられるのは「視聴スタイルの変化」「手軽さ・便利さ」「地域間の放送格差」などでしょう。

テレビ番組をリアルタイムで見ることは、「テレビに合わせて生活しなければならない」、ある意味「テレビに時間を拘束される」とも考えられます。これを解決するのが、好きな時に好きな番組を見るという視聴スタイルになるのです。
(これを突き詰めていくと「ビデオ・オン・デマンド」という話になるので後述

テレビ番組の視聴方法として、録画視聴・携帯電話のワンセグ機能での視聴・動画サイトでの視聴などを含めて
「視聴スタイルの多様化」が進んでいるのです。
また、一時停止・巻戻し・早送りといった機能は、リアルタイム視聴に無い利便な機能です。(前述


こうした「視聴スタイルの変化」と同時に起きつつあるのが、CM離れではないだろうか・・・
動画サイトにアップロードされているテレビ番組動画は、CMがカット編集されているのがほとんどだ。「この番組はご覧のスポンサーの提供で~」という提供クレジットがカットされている場合も多い。
録画視聴の場合も、CMは早送りすることが多いのではないだろうか?
「視聴スタイルの変化」はCMの視聴状態に何らかの変化をもたらしているだろう。
(具体的なデータを見かけないので、どれくらいの変化があるかは不明。スポンサーへの配慮もあってか、このデータを隠しているのかもしれないが・・・)

もっとも、動画サイトユーザーの場合は自分から能動的にCM動画を探して視聴する場合もあるのだろうが・・・。

テレビのこれからとビデオ・オン・デマンドに続く
[ 2010/12/21 20:58 ] テレビに関する雑記 | TB(0) | CM(0)

テレビ離れの対策・解決策

テレビ離れについて、再度考えていきたいと思います。
これまで様々なことを書いてきたが、単純にテレビがつまらないから・面白くないからというのが最大の理由ではないだろうか。

まず第一に思うことは、ゴールデンタイムのテレビがつまらない・・・。
各テレビ局の代表的な番組・看板番組が放送され、視聴率も高いとされるのがゴールデンタイム。
しかし、最近の状況はゴールデンと呼べるのだろうか・・・。


どれも民放テレビの傾向だが、
●バラエティー番組やお笑い番組など似たような番組が多く、飽きてうんざりしている。
●ドラマは、その時売り出したい芸能人を起用する傾向が強い。言い換えれば、売り出したい芸能人のために有るかのような民放ドラマ。
●ニュースはワイドショー化、バラエティー化、偏向報道されることも・・・


昔は毎週欠かさず見ていた番組があったが、最近はそういった番組が無い。(「来週もまた見たい」と思える番組が無い・・・)
「まぁ別に見なくてもいい」と思うことが多い。

テレビ以外の娯楽が増えたことも要因の一つだろうが、最大の原因はコンテンツの問題だと思う(特に、ゴールデンタイム)。
お笑い路線の番組は程々だからこそ良い。今みたいに増え過ぎるとうんざりしやすい。

そういった事も踏まえた上でのテレビ離れの対策・解決策・・・
まず考えられるのは、
・「視聴者が面白いと思える番組」、「視聴者を引きつける番組」が増えること
・「マスメディアとしての公正・中立な報道」

この2つが重要だろう。いたって単純なこと。(単純なようで、難しいのかもしれないが・・・)

コンテンツあってのテレビ。コンテンツをどうにかしなければテレビ離れは止まらない気がします・・・。

【関連記事】
テレビのこれからとビデオ・オン・デマンド
それでも、テレビ離れしない理由
最近のCM・広告(CMの質)について

[ 2010/10/28 22:18 ] テレビに関する雑記 | TB(0) | CM(0)

【テレビ報道】BGMや印象操作

ニュース報道とBGMについて
民放の報道番組(ワイドショー・情報バラエティー番組も含む)に多いのが、報道の時にBGMを流すことです。よくある例としては、重大事件の報道で不気味な感じや不安を駆り立てるようなBGMが使われている。ナレーションの時にBGMが使われることが多い。

注意すべき点は、BGMの使い方次第でニュースの印象が大きく変わることです。
報道する側に何かの意図があるかどうかは別として、ニュースを「演出」している気がしてならない。このため私は、BGMを使っているニュースは単なる「報道」ではないと認識しています。よって、ニュースでBGMが聞こえてきた時は、受動的に見るのではなく注意深く見るように心がけています。

本来、マスメディアは公正・中立な報道をするべきなのは言うまでも無い。
そもそもニュースや報道は事実だけを淡々と放送すべきではないのか?

BGMを使って印象操作している番組を見ると、いつもこんな風に思っています。


BGM以外にも印象操作・演出はあります
・スクランブル交差点など、横断報道を渡る人々の足元を映す演出
・事件や裁判などで、容疑者や被告の声は暗く低い声でナレーション編集される
・国会をバックに札束がヒラヒラ舞い落ちる合成
・日本の借金時計が刻一刻と増えていく映像
・定番の場所でのインタビュー(東京の場合)新橋でサラリーマン、巣鴨で高齢者
など、思いつくのはこれくらいだが、探せばまだ定番のものがあると思います。これらは、報道する側の意図が見え隠れする分かりやすい例だとも思います。
印象操作・演出の多いVTRが終わったら、今度はコメンテーターが暗に世論を誘導したりする場合もあります。

こういった印象操作や演出が良い悪いは別として
無意識のうちに、テレビの視聴者がイメージを植えつけられているかもしれないってのが怖いですね。
多くの視聴者がこれらに気づかないまま、受動的にテレビを見続けるのも怖いですね。

要は、メディア・リテラシーが必要とされるってことでしょうか・・・
今度ニュースを見る時に少しでも「演出」を意識すると、随分と違ったように感じるかもしれません・・・

【参考リンク】
私がBGMつきのニュース番組を信用しない理由
http://d.hatena.ne.jp/nakakzs/20100421/1271871418
報道番組におけるBGMの意義とあり方
http://inabalab.soc.hit-u.ac.jp/thesis/2006hit/sato/
テレビ報道を考える!! BGM
http://htkv.blog68.fc2.com/blog-entry-110.html

【関連記事】
情報番組で耳にする「話題沸騰!」について
最近のCM・広告(CMの質)について
テレビ報道における偏向報道
[ 2010/10/15 02:13 ] テレビに関する雑記 | TB(0) | CM(0)

地デジとテレビ離れ

2011年7月の地上デジタル移行

地上デジタル移行は賛否両論

画質の向上がメリットとされるが、そんなの必要ないって人もいれば、高画質が良いという人もいる。テレビの利用目的によって、賛否が分かれるようだ。
人それぞれ利用目的が違うのだから、賛否両論なのは当たり前。にもかかわらず、強制的に地デジへの移行を余儀なくされるのはどうかと思う・・・。
(当然、『地デジ不要』と言っても既に遅い)


それはともかくとして、今の地上波のコンテンツを高画質で見たいと思えるのだろうか?
確かに、高画質のメリットがある番組も少なくない。だが、地上波のバラエティー番組やお笑い番組を高画質で見たいとは思えないです・・・。画質も重要かもしれないが、まずコンテンツをどうにかしないと・・・。


と言うものの、テレビを買い替えてもらわないと家電メーカーが困るってのは分かる。
内閣府の消費動向調査によると、2人以上の世帯でのカラーテレビ普及率は約99%
http://www.garbagenews.net/archives/861956.html
このサイトのグラフ見るとわかるが、1970年台後半にテレビが普及しきってしまったので、それ以降は買い替え需要が売り上げのメインとなる。家電メーカーがテレビを買い替えてもらいたいと考えるのは、分からなくは無い。
そういう所からも地デジ移行は、半ば強制的にテレビを買い換えさせるための『きっかけ作り』な気がしてならない。

今後、地デジ移行でテレビ離れが加速するのかどうかが注目される。

【関連記事】
VHSビデオ、DVD、ブルーレイなどの規格争いや「次世代」について
テレビ離れの原因・理由(1)
それでも、テレビ離れしない理由
[ 2010/09/30 20:14 ] テレビに関する雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:小森 光一
自称メディア共存推進派
こちらの記事を参照)

タグクラウド
アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。