テレビ離れとその先へ

最近よく言われている「テレビ離れ」についてのブログです。テレビ離れの先にあることについても考えていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ご案内

このブログは「テレビ離れ」について、なるべく中立的な立場から書くよう心がけてます。
各メディアの優劣を競うのが目的ではありません。)
しかしながら、私の主観的・個人的意見が多々あると思います。その辺りはご理解ください。
ご意見やご指摘など(相互リンク依頼も)何かありましたらコメント欄にコメントするか、直接私にメールしてください。参考になった方はリンクしていただけると嬉しいです。
メールアドレス

スポンサーサイト

相互リンクについて

リンク歓迎です。相互リンク募集中です。
相互リンク希望の方は、コメント欄にコメントするかメールしてください。
メールアドレス



【当ブログの情報】
テレビ離れとその先へ
http://tvbanare.blog135.fc2.com/

テキストリンクのみで構いません。
バーナーも作ってありますので必要な方はどうぞ。

【200x40】直リンク可(お持ち帰りでも可)
バーナー
バーナーのアドレス:http://blog-imgs-47.fc2.com/t/v/b/tvbanare/banner.jpg

【88x31】直リンク可(お持ち帰りでも可)
バーナー
バーナーのアドレス:http://blog-imgs-47.fc2.com/t/v/b/tvbanare/banner.gif


以下、ブログ一番上のヘッダー用に制作していたけどボツになった物、
調子に乗って加工した物、
なんとなく、当ブログのイメージに合致しなかったもの、
明らかにネタなのが混じってるのは仕様です。

まとめ、総括

このブログで言いたかったこと

テレビには良い所も悪い所もあります。
同じく、インターネットにも良い所も悪い所もあります。
新聞、書籍、雑誌、ラジオ・・・
どんなメディアにも一長一短あるのです
何度も言ってますが、当ブログはそれぞれのメディアの優劣を競うのが目的ではありません。(私はメディア共存派です)

残念なことに、近年、テレビの報道などでインターネットやケータイの悪い部分やマイナスイメージばかりを強調する報道が行なわれています。
どんなメディアにも悪い部分があるのは事実です。しかし、もっと重要なのは「メディア・リテラシー」ではないでしょうか?
メディア・リテラシーを高めていくことが重要ではないかと私は考えています。


昨今、さまざまな要因からテレビとインターネットが対立する構図が見受けられます。
「どっちの方が優れてる」とか「どっちが上位互換だ」とかメディアの優劣を競う気持ちは分からなくもありませんが、それははちょっと違うと思うのです。

メディアから得られる情報が全て正しいとは限らない。
テレビやインターネットに限らず、どんなメディアにも言い部分も悪い部分もあると認識しておく必要があるのではないでしょうか?
そして、良い点・悪い点を理解した上で利用・共存していくことが重要なのでは無いでしょうか?


最後になりますが、当ブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも少しずつ更新していきますので、また機会がありましたら訪問していただければと思います。
プロフィール

Author:小森 光一
自称メディア共存推進派
こちらの記事を参照)

タグクラウド
アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。